〜 相談から認定まで 〜

  • ①市区町村の福祉窓口に申請

    本人または家族の方が市区町村の窓口に申請します

  • ②介護認定の審査
    主治医の意見書を元に福祉・保健の専門家が介護支援が必要かどうかを審査します
  • ③認定結果の通知
    審査の結果により、「適用外」「要支援1~2」「要介護1~5」の認定が下ります。
  • ④居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談

介護給付制度について

わずか1割の負担でレンタル可能です!

弊社製品のレンタルには、介護保険レンタルが適用可能です。
介護保険制度に基づき、要介護(要支援)認定を受けた方は費用の1割の負担で貸与サービスを受けることができます。

※各製品の負担額は福祉用具貸与事業者によって決定されます。負担額の詳細は各事業者にお問い合わせください。
(全国の福祉用具貸与事業者はこちらから検索できます>WAM NET

島根県出雲市にお住まいの方は、弊社グループ店「アイライフ」をご用命ください。(「アイライフ」の詳細はこちらから
弊社工場に隣接しており、豊富な知識と、万全のアフターサポートで対応させていただいております。

散歩風景

弊社製品で使える給付制度について

介護保険レンタル

運営主体:市区町村
対象者 :第1号被保険者(65歳以上の方)・第2号被保険者(40~64歳までの医療保険加入者)

上記の被保険者で、要介護(支援)の認定を受けた場合
利用者の負担 = 1割となります。

※製品詳細ページに以下の表示がある製品は、介護保険レンタル対応商品です。

介護保険レンタル対応

※地域によっては対応外になる場合があります。

重度障害者日常生活用具給付事業
補装具費支給制度

運営主体:市区町村
※購入前に各市区町村の福祉課にご相談ください。

対象者 :障害者・障害児

※介護保険制度と重複する場合は、介護保険が優先して適用されます。

利用者の負担:実施主体の市町村の判断により決定されます。詳しくは、市町村の福祉窓口にお問い合わせください。

適用製品:具体的な対象品は市町村が独自で判断します。各市町村福祉窓口にお問い合わせください

当社製品のご紹介